Jと映画

ジャニーズ出演映画を応援します。

『銀の匙 Silver Spoon』感想

『ヒメアノ~ル』と同じ吉田恵輔監督の作品・・・!!

という衝撃的な事実を知り、再度観直すべくDVDをレンタルしてきました。

公開当時映画館へも観に行ったのである程度の内容は覚えていたにもかかわらずしっかり観入ってしまいました。

以下、ネタバレ含みます。

 

 

 

 

最強に理不尽な青春!!というのがこの映画のキャッチコピーなんですが、

え?何が理不尽なの?ただただ最高の青春じゃん!というのが正直な感想。

主演がSexy Zoneの中島健人くんとうことで、”ジャニーズ映画かー”と敬遠している人がいるならそれはもったいないです。

中島健人と言えば、それはもう”ザ・ジャニーズ”という感じで

どうしようもなくキラキラしているイメージですが、この作品にはそんなけんてぃーは居ません。

進学校での勉強についていけず、夢も目標も知識も持たず農業高校に入学した、

ちょっと情けないけど情に厚い八軒勇吾そのものです。

彼は『黒崎くんの言いなりになんてならない』の黒王子の方がイメージに合ってるかもしれないし、確かにあの役も良かった。

でも、個人的にはこっちの役の方が好きだなあ。

ちょっとダサい雰囲気とか、すぐふてくされたりとか、朝に弱かったり、恋の様子がもどかしかったり、親とうまくいっていなかったり・・・

決してかっこよくはないこの役を、素敵に演じています。

中島健人くん、とっても素敵な役者さんだと思うのでこれからもいろんな映画作品出てほしいです!

 

この映画、原作ファンからは酷評されているようですが実際はそう悪くないですよ!

連載漫画を2時間の映画にまとめ上げることはそりゃあ難しいでしょう。

どのエピソードを使うか厳選して、うまくつなげて映画化しないといけませんよね。

うまく繋げるためには脚色したり削ったり順番を変えたりが必要になってくる、それは絶対に避けられないし大事なことだと思います。

実写映画化することで削られたキャラクターもいるので、残念ではありますがそれもやっぱり仕方のないこと。

そんなことで映画の評価を下げていたらきりがないです。

『銀の匙 Silver Spoon』は(『ヒメアノ~ル』もそうだけど)エピソードの選び方がとても良いと思います。

あれもこれもと詰め込みすぎてどのエピソードも薄い内容になるより、

削るところはしっかり削って映画作品として成り立っているので私としては楽しむことができました。

富士先生役を演じる吹石一恵さんが素晴らしすぎて惚れ惚れしますよ!

 

 

 

 『銀の匙 Silver Spoon』(2014年)

監督:吉田恵輔

脚本:吉田恵輔、高田亮

出演:中島健人(Sexy Zone)、広瀬アリス、市川知宏、黒木華