Jと映画

ジャニーズ出演映画を応援します。

猫好きじゃなくても癒される。『猫なんかよんでもこない。』感想

特別猫が好きなわけではない私でさえ、2匹の猫の可愛さに骨抜きにされました。

かわいい。ただただかわいい。

 

ネタバレあります。

 

この作品の略称、”猫よん”なんだって。かわいい。

猫映画ってこんなに癒されるんだなって、もはや感動。

猫の可愛さに、風間くんの手の美しさが相まって癒し効果絶大の映画です。

 

風間くんはいい意味でとても地味なので、この映画においては最高のキャスティング。

飼い主のミツオに目がいきすぎず、チンとクロという2匹の猫を中心に観ることができます。

ウメさん(松岡茉優)も大家さん(市川実和子)も、存在感はあるけど主張しすぎない演技で全く猫の邪魔をしていないのがとても素敵。

つるの剛士が演じるミツオの兄は多少変わり者感はあるけれど(そもそもチンとクロを拾ってきたのはこの兄貴で、ミツオに世話を丸投げした)猫に対してもミツオに対して深い愛情を持ってる(はず)のいい人。

 

猫を飼ったことのない人には「へ~」という感じですが

メス猫のチンには避妊手術を、オス猫のクロには去勢をするようウメさんから強く勧められていました。

ミツオはチンには避妊手術をさせますが、その結果チンの周りを囲む猫が離れていったことで手術を後悔します。

それで、ボス猫として君臨していたクロには去勢手術をさせないという選択をとりました。

その結果、クロは病気で亡くなります。

ペットを飼っている人にとって何よりも悲しい、でも絶対に避けられない”死” が描かれています。

原作が実話なだけあって、このあたりが本当にリアルです。

ペットはかわいがるだけじゃダメなんだな、って。

よくわからずペットを飼いたがっているお子さんがいるなら、この作品を一緒に観てみるのもいいかもしれないです。

 

ミツオはもともと犬派の人間。そんなミツオが2匹の猫に振り回されながらいつの間にか家族になっていく。

犬派の人間すら虜にしてしまう、チンとクロの可愛さに脱帽です!

あらすじ

プロボクサーとして芽が出ず空虚な日々を送っていたミツオ(風間俊介)の兄(つるの剛士)が、ある日、2匹の猫を拾ってくる。彼はもともと犬派だったものの、ふとしたきっかけでなぜかその猫たちの面倒を見ることに。夢破れて沈みがちなミツオだったが、彼の気持ちなどお構いなしにマイペースで生活する猫たちとの暮らしが始まる。

映画『猫なんかよんでもこない。』 - シネマトゥデイ

スタッフ&キャスト

『猫なんかよんでもこない。』(2016年)

猫なんかよんでもこない。 [Blu-ray]

監督:山本透

脚本:山本透、林民夫

出演:風間俊介、つるの剛士、松岡茉優、他

関連記事

Blu-ray&DVD発売情報はこちら↓

www.j-movie.com

その他の、ジャニーズ出演映画の感想はこちら↓

www.j-movie.com

www.j-movie.com