Jと映画

ジャニーズ出演映画を応援します。

私の永遠の憧れ。『フライ,ダディ,フライ』感想

岡田准一が最高に美しいころの作品。

舜臣が木の上で普通の高校生の表情をする瞬間にドキッとします。

 

ネタバレあります。

 

おっさんの青春映画!

大切な娘を傷つけられて、復讐を誓うおっさん。高校生に戦い方を教えてもらうおっさん。

そんなおっさんの師匠は男子高校生、朴舜臣(岡田)。

この舜臣がすげえんだ。すごいかっこいいんだ・・・

10年以上前に初めて観てから今までずっと、私の憧れの人だよ・・・

ただね、何度も言うようだけどこれはもうおっさんの青春映画だから

若い女性だけじゃなく、娘のいる”お父さん”が見ても絶対楽しめる映画。

男子高校生の奔放さに懐かしさを感じたり、俺も娘のために強くなりたい、って思うはず。思ってもらいたい。

 

以前までは最寄駅まで奥さんが自家用車で迎えに来てくれていたのが

娘のことがあって以来迎えはなくなりバスを使うことになります。

そして、舜臣とのトレーニングがはじまってからは、そのバスには乗らずバスと走りを競うようになります。

おっさん的には勝手にやっていたことだけど、バスの運転手は

毎日戦いを挑んでくるおっさんに対抗意識を燃やし、いつもの乗客たちはいつしか車窓からおっさんを応援するように。

最初こそ早い段階で離されていたおっさんが、どんどんバスといい勝負をするようになってきて最終的にはバスに勝利!

もうその頃にはバスの中にも妙な仲間意識ができていて、「今度飲みに行きましょうよ!」って会話がうまれる空間になるからやっぱりこれはおっさんの青春映画。(しつこい)

 

舜臣の仲間たちのゾンビーズのハチャメチャ具合も楽しいし

鈴木家(おっさんち)の家族愛も素晴らしいし

石原(遥を傷つけたおっさんの天敵)の気持ち悪さも振り切ってて良い。

なんといっても最後はおっさんが石原を倒して、石原をかばっていたクズな大人たちを黙らせ、気分爽快ハッピーエンド!

難しく考える必要はなく、目の前で繰り広げられる男子高校生とおっさんの一風変わった40日間に心をゆだねれば

最高にハッピーな気分になれること間違いなしです。

 

舜臣とおっさんが、木の上でお互いのことを話しているとき

それまで師匠であった舜臣が急に普通の高校生の顔をします。

少しいきがっていて、少し弱さも感じるその顔が表れる瞬間は必見です。

あらすじ

郊外のマイホームで家族と幸せに暮らし、仕事も順調だった平凡なサラリーマン・鈴木一。だがある日、彼は衆議院議員の息子で高校総体2年連続制覇中のボクサー・石原に、高校生の愛娘・遥を傷つけられてしまう。反省の色を見せない石原に対し復讐を誓う鈴木だったが、情けないことに勇気も腕力もゼロ。そこで、彼は40日間の長期休暇を取って、偶然知り合った高校生・朴舜臣とその仲間・ゾンビーズに戦い方を教えて貰うことになる。(後略)

フライ,ダディ,フライ : 作品情報 - 映画.com

スタッフ&キャスト

『フライ,ダディ,フライ』(2005年)

フライ,ダディ,フライ [DVD]

監督:成島出

脚本:金城一紀(原作)

出演:岡田准一(V6)、堤真一、他

関連記事

その他、ジャニーズ出演映画の感想はこちら↓

www.j-movie.com

www.j-movie.com