Jと映画

ジャニーズ出演映画を応援します。

V6の魅力が最大限引き出された作品。『ホールドアップダウン』感想

ある意味超問題作。だって岡田くんは約1時間凍ったままなんだもの。

彼のセリフは3つ程しかないんだもの。

それをカバーするようなV5の5人5色のトンデモキャラクターに、脇で彼らを支える香椎由宇とバナナマン日村。

SABU監督はまたもやとんでもない作品を生み出してくれました。

 

ネタバレあります。

 

製作側には大変失礼なことを承知で言うけど、この映画は全ての人間に楽しんでもらえる映画ではないです。

いわゆるジャニーズ映画で、8割方V6とそのファンのために作られたような作品。

ストーリーどうこうより、6人のキャラクターだとか演技を楽しむもの。

だからこそ!我々V6ファンにはたまらなく楽しい映画に仕上がっています!!

 

さて、冒頭でも言った通り岡田准一はほぼずっと冷凍状態です。

私が確認できたまともな彼のセリフは「800円です。」「順番だったら僕の次じゃないでしょうか・・・」「トイレ行きたい!」の3つ。あとは唸ってるか叫んでる。

かと思いきや、突然の美声でユメニアイニを奏でるからずるい。

余談だけど、ユメニアイニという曲は

世界中の花を持って 君に愛されに来たんだ

という積極的と見せかけた、自信満々の受動態ラブソング。聴いてると、ときめくし安らぐし幸せな気分になるけれど、どこか恥ずかしい気持ちにもなって心がむずがゆくなる曲です。オススメ。

V6verと岡田ソロverがあるけれど、個人的にはV6ver.がすき。

 

みんな大好き森田剛様は、世界中の可愛いをあつめて森田剛1体にぶち込んだような、愛おしくてたまらない役どころ。

ぼろぼろの服を着てひげも髪も伸ばし放題の岡田を見て、イエス様だと思い込む。

でもそのせいで岡田は魚臭い冷凍人間になっちまうんだな・・・

へこんで自分を責めるのがまたアホかわいいんだよな。(結局)

 

井ノ原快彦と香椎由宇のバカップルが最高におもしろい。

銀行強盗と警察という関係性から始まるので、取調室で

香椎「調書をとります」

井ノ原「僕の長所は優しいところです!!」

というアホな自己アピールは観ているこちらまでもをポカンとさせる威力があります。

電車好きということで意気投合して、どこでもかしこでもイチャイチャしてついには結婚までしちゃうからもう、とんでもない世界だ。

 

それを生暖かく見守るのが、銀行強盗の片割れ三宅健。

井ノ原が運転免許持ってないばっかりに、バカップルの愛の逃亡をデコトラで手伝う羽目になる残念な役回り。

バカップルを見る目は、私たちのソレと同じで登場人物の中では最もまともな感性を持った人間だと思う。(銀行強盗するような人間がまともなはずはないけど、今は一旦それは忘れよう)

そんな彼がいつの間にかバカップルに対して少しだけ優しい表情を見せるようになったり、バカップルの結婚式に参加するシーンはきゅんときます。

銀行強盗で札束山ほど抱えてるのに、300円がなくてコインロッカー使えないんシーンはシュールで笑えるよ。

 

なんでだろう、長野博のこの子だくさんイメージ。 

6人の子持ちだってよ。

そして、車のハンドル握ると性格変わって凶悪になるからキケン。

かっこよく「乗れよ」って言われたってねえ…やだよ。

これが警察だというから、この世界もうあかんわ。

 

この警察の相棒が坂本昌行ですよ。

ミュージカルスターです。ええ、通常営業です。

こいつは普段からヤバイ考えだから、長野くん以上にヤバイ警官。もうあかん。

そのくせ、ビビリで長野くんのオートレースみたいな運転にアホほどビビってる姿が愛おしい。ああ、坂本くんだ。

エンディングでは、通り魔の日村を追いかけてたはずなのに

トンネルを抜けると金属バットを手にした日村に追いかけられてるから

ああ、もう坂本くんだ。

 

とりあえず観ましょう。観てください。

観終わって「なんだよこれ!」っていうツッコミができたら、それは大正解です。

あらすじ

サンタクロースの格好で銀行強盗をした木俣(井ノ原快彦)と佐川(三宅健)は、盗んだ金をコインロッカーに隠そうとする。しかし、小銭がないことに気がつきストリートミュージシャンの沢村(岡田准一)から小銭奪うが……。

映画『ホールドアップダウン』 - シネマトゥデイ

スタッフ&キャスト

『ホールドアップダウン』(2005年)

ホールドアップダウン [Blu-ray]

監督:SABU

脚本:SABU

出演:V6(坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一)、他

関連記事

その他の、ジャニーズ出演映画感想はこちら

www.j-movie.com

www.j-movie.com